ソロ活おっさんのアローン飯なび

結婚できない男の楽しみは「食」のみ!一人でも入りやすい飲食店情報をお届けします。

 ※当サイトにはプロモーション広告が含まれています。

鶴間駅東口すぐの人気ラーメン店「札幌ラーメン 郷」で味噌ラーメンを堪能!行列の人数と待ち時間とはどれぐらい?訪れた曜日と時間帯も紹介

小田急江ノ島相鉄本線が交差する大和駅
から、小田急江ノ島線で一駅行った鶴間駅

そこでうまそうなラーメン屋を見かけた。
「郷」というラーメン屋で、暖簾が立派だ。

アクセスする行き方は、小田急電鉄江ノ島線鶴間駅東口から、徒歩ですぐだよ。。

札幌味噌ラーメンの店らしい。
なるほど、まるで雪原のような白い床も素敵じゃないの。

どうやら昼の部は終わったらしいが。
夜の部が17時30分からなので、開店まで待ち、訪れてみるか。

近くのイトーヨーカドーで適当に時間を潰した後。
17時15分に来店、既に6人待ちだ、7人目として並ぶ。
10月初旬の日曜日だった…15分前で既に6人ってのは驚いたよ。
後で調べたら、どうやら食べログラーメンEAST百名店にも選出されている店らしい。

食べログ ラーメン EAST 百名店 2023 [食べログ]

award.tabelog.com

これは期待できるな!
開店の17時30分には、人も20~30人待ちとなった。
15分前に来てよかった、ほっ。
待ち時間無し(といっても開店前15分は待ったけど)、第1陣として店内に案内される。

券売機でメニューを拝見。

醤油とか塩とかもあるみたいだけどね。

中に入って気付いたが。
あの札幌味噌ラーメンの有名店「すみれ」で修業したのか?

このお店も、すみれの門を叩いたんだろうね。

だったら味噌ラーメン、選ばないとだよね!
それに…郷飯、も付けようかな、決まり!

家族連れが多いな、3連休だからか。
アローンの自分はカウンター席に案内してくれた。
テーブル席もある。
座席数は多いので、回転はよさそうだ。


すみれは昔、新横浜のラーメン博物館で食べたかな、あまり覚えてないけど。

よし、味噌ラーメンに。
郷飯、を付けるぞ。
のり、味玉もつけるか。

待つこと10分前後かな。
ほぼ同時に、郷飯、そして次に味噌ラーメン、着丼。

いざ実食。

まずはスープ…うまい!

味噌の優しい甘味のあと、旨味のコクがじわ~と広がる。
けどなんだろう、油脂が多いな。

そして、熱いぞ!
名古屋で食べた重油ラーメンを思い出す。
なるほど、さすが北国のラーメンだ。
水よりも沸点が高い油、それが多いがゆえに、極めて温度が高いラーメンが実現できるっていうね。

しかしラーメン発見伝14巻(p11)にあるように。
熱々にしすぎると、スープの風味が消し飛ぶというデメリットがある。

だから食べ方に工夫が必要だ。

自分は、こういうラーメンの場合は、まずつかんだ麺を、どんぶりの底の方に潜らせ、そして引き上げるようにする。
この上下運動によって、分離されがちな上の油脂と、下のスープを攪拌させる効果が生じる。
すなわち、乳化を促進させながら麺をすするんだ。

二郎系の「天地返し」と同じよ。
あれも、ローリングによってもやしと麺が回転するだけでなく、油脂とスープが混ざり合う作用も生じ、乳化が促進されるんだ。

これがラーメンオタクの自分が生み出した奥義「ムーンサルト食い」だ。
ムーンサルト食いとは、ストリートファイターⅡだけなのか、ⅢやⅣには登場してるのかは知らないが。
スト2のガイルに影響を受けた食べ方だ。

ガイルのムーンサルトキックが、円弧を描くように。
ムーンサルト食いも、大きな円弧の軌道によって、油脂とスープを攪拌&乳化させながら麺をすすり、美味しくいただくという技よ。
まあ誰でもできるけど。

うん、油脂が多いから麺とスープの絡みもいいね。

だが、やはり…油脂、もう少し、少ない方が好みかなぁ。
それは調整できるみたいなんだけどね。

敢えての油脂減らし、引き算で味噌スープのほうを際立たせる。

ラーメン発見伝13巻(p201)にあるように、豚骨の油と、香味油が喧嘩することもあるらしいからな。
油の取り扱いには注意だ。

北海道・札幌「すみれ1994」 - 店舗情報 - 新横浜ラーメン博物館

www.raumen.co.jp

トンコツ・魚介・野菜類を中心に煮込んだスープは、味噌・ニンニク・調味料等を加え、超濃厚でコクと香りがあります。

油が強いと、上記のスープに使用された食材や、出汁の風味が少し弱まる気がする。
そのため、

solomeshi.netで食べた味噌ラーメンの方が、油脂が少なく、味噌の味を感じ取れた気もした。

ただ、めんや蔵の場合は、どんぶりが小さかったな。
ラーメン発見伝15巻(p25)にあるように、ドンブリの違いによって味わいは変わる。

どんぶりが大きいと、麺がダマになりにくくなり、スープと絡む表面積も増え、麺とスープの絡みがよくなる。

郷の場合は、大盛にしなかったから、どんぶりの大きさには違和感は覚えなかったが。
やはり油脂の量、それによるスープのバランスは、好き嫌いが分かれるだろうなぁ。

まあでも美味しかった。
人気店になる理由もわかる。

郷丼は、めんまが多いな…。

AFURIの炙りチャーシュー丼で大根おろしが多いことを自分は「もっとチャーシューを!」と思ったが。

gyakutorajiro.com

それに近い感覚だ。
チャーシューもめんまも美味いけどね、やはりチャーシューもっと欲しいかなぁ。
ごちそうさまでした。

次はごま味噌つけ麺、食べてみたい。

さて、美味しく完食後、駅に戻る。
周辺には勝滝ホルモンセンター、というお店もある。

横浜方面に帰るために、大和駅に戻ったら。
ばちこり食堂、という豚の唐揚げが食べられる店を見かけた。
また行きたいな。

■ラーメン 郷
【住所】:〒242-0004 神奈川県大和市鶴間2丁目12−32
【営業時間】

<採点>
・一人でも入りやすい 度:10
(カウンター席あり)

・ファミリーで入りやすい 度:10
(テーブル席多く、お子様ラーメンもあり、家族連れのお客さんも多かった)

#鶴間駅ラーメン #鶴間ラーメン #鶴間駅グルメ #鶴間グルメ #大和市ラーメン #大和市味噌ラーメン #孤独のグルメ #ソロ活グルメ #おひとりさま #1人飯 #一人飯 #アローン飯 #独身飯